-

為替介入というものを知っていますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、雑誌記事、報道番組、インターネットの報道で見かけた方も多いと思います。最初から為替の介入というものは日本の場合、◯財務大臣が為替の相場の安定性を保てるように施行する手法ということで位置づけられています。簡潔に言うと、かなりの円高、円安が起こると財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)円を売買することで為替相場を安定させることを言います。外国為替市場介入(為替介入)とはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・行政もしくは日銀が、東京での市場において自らが市場に参加して外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合いそれぞれの銀行などが資金を利用して同時ないし時々為替の介入を行なっていく。3.委託介入・・・他の国の銀行などに向けて為替の介入を依頼する。4.逆委託介入・・・日銀が他国の銀行などの代わりに為替の介入を執行する。この通り種類があります。どのやり方の介入もその場、あるいは引き続き市場にたくさんの影響を与えると思います。外国為替市場介入(為替介入)の金額は当然のことですが国の面目をかけて行なうだけに桁違いです。円を基本にして例えると、いつもはほんの少し変化している相場が突然数円の変動をします。投資家の方であれば一回は体験したことがあると思いますがそれまでは上手に利益(あるいは損失)が多くなっている保有高を保っていたのですが、持っている保有高が決済となりましたとの連絡が外国為替の会社からメールが届き。いくら黒字になったのか(損したのかな)?と気にしつつ決済データを確認すると自身が期待していたものとはまったく反対の状態で度肝を抜かれたことがよくありました。為替介入(外国為替市場介入)が行なわれた場合によくある話です。介入が行なわれることで市場のトレンドと正反対の変動をすることがわかります。しかも変動する金額の大きさはでかく動きますので気をつける必要があります。

リンク