-

私が初めて引っ越しを経験したのは、小学校一年生の時でした。コンブチャクレンズ

引っ越しをすると知っていたのか、引っ越しが何なのかよくわかっていなかったのか、 小さなバスケット一つ手に持って、家族と一緒に出掛けて、新しい家についたら それで引っ越しが完了していました。わきがクリーム

新しい家の中には、今まで見たことのあるテーブルがあったので、 いつの間にか荷物の引っ越しは終わっていたのでしょう。コンブチャクレンズ amazon

でも、私のものは、洋服以外何もありませんでした。コンブチャ 妊婦

一年生になってすぐに買ってもらった机も、 両親と一緒に買いに行き、自分で見て決めたもので、 半年しか使っていませんでしたがお気に入りでした。多汗症

新しい家には、新しい机とベッドが置いてありました。スピード買取.jp 悪質

私の気に入っていた人形も、絵本もすべて大人たちのいいように処分されてしまったようです。コンブチャクレンズ 楽天

ぼろぼろのポンコツな家でしたが、 生まれた時から住んでいた、思い出深い家でした。

新しい家は何不自由なく、新しいものがそろっていましたが、 私には、大切な思い入れや、大切なものたちが置きっぱなしになっている家のほうが大切でした。

「お家に帰りたい」と大泣きしましたが、誰も相手にもしてくれませんでした。

それが私の場閉めての引っ越しの記憶です。

その後何度も引っ越しを体験してきましたが、 引っ越しが決まると、どうしても悲しい思いでいっぱいになり プールーな気持になってしまうのは、この時の体験からでしょうか。

小さい時の引っ越しは、ずっと心に残ると思います。

リンク