-

車を売る時には場合によっては委任状を提出しなければならないことがあります。

そこで、委任状というものはどういったものかといったことや実際にどのような場面で必要になるのかということを詳しく解説しましょう。

委任状というもの委任状とはクルマの名義変更をする際に本人が立ち会うことができない場合にその代わりに誰か他の人に同席してもらうということを正式に記録した文書です。

要は、違う人に任せてあることをこの文書で実証します。

委任状が必要となる場合委任状が必要となるケースというのは、中古車買取のときに、そのクルマの名義である当人が立ち会うことができないケースです。

自動車を売るイコール名義が変更されるということです。

名義変更手続きは前オーナー、さらに変更後のオーナーどちらもしなければならないものになりますがそれができないこともあります。

そこで本人がその場所にいないが名義の変更をしなければならない際は必ず委任状があってはじめて手続きができるようになります。

名義を変えるための手続きを代わりに依頼する場合に必ず委任状が必要ということです。

買取専門店やディーラーの場合委任状は必須中古車買取業者や中古車ディーラーでのクルマ買い取りというやり方が一番基本的な車の売却方法です。

また、これらの買い取り先は、大多数が名義変更手続きを代わりに依頼できます。

名義を変える手続きを代理していただけるわけですので厄介な作業が省略できるということですがそのために必要になるのが委任状です。

中古車買取専門店やディーラーが用意した委任状へサインするのが通常です。

通常必須の書類委任状は必ず必須とは限らないものの、売却したクルマの名義変更に立ち会うことが可能な人はほとんどいないではないでしょうか。

当然個人間の売買で二人とも立ち会うということができれば大丈夫ですが現実的ではありません。

なので一般的に委任状の書類は売買の時の必須書類となります。

買い取りと自動車リサイクル料についてあまり知っている人は多くないと思いますが自動車の所有者には「自動車リサイクル料」という税金の支払い義務があります。

ここで順番に説明しましょう。

自動車リサイクル料に関して自動車リサイクル料という税金は2005年1月に施行された自動車リサイクル法で定められたものです。

中古車を無駄なく廃棄する為に保有者が支払わなければならないものです。

自動車リサイクル料の料金車のオーナーにかかる自動車リサイクル料は、ブランドやエアバッグが付属されているかなど車によって異なっています。

一般的には7000円〜18000円ほどです。

付属品などで金額は違ってきますが車検時に自動車リサイクル料の料金を納付する場合、出荷時の装備に準じます。

リサイクル料の支払い自動車リサイクル法は今から7年前にできた法律です。

ですので、平成17年1月以降に新車登録された場合は既に購買時に納付しています。

それから、それ以前に購入されていても車検時に納めることになっています。

それからもう納めている車を中古で購入するときには購買の際に支払わなければなりません。

要するに支払い義務の発生する時点での保有者が自動車リサイクル料を納めることになります。

リサイクル料の車買い取りの時の取り扱い愛車を売却する際には支払済みの自動車リサイクル料は返還されます。

と言うのも、リサイクル料が支払い義務の発生する時点での保有者に料金負担の義務があるということによります。

なので、既に納めている自動車であれば支払い義務の発生する時点での所有者が変更されますので売った場合納めている料金が還付されます。

ただ廃車処理をした場合返還されないということに勘違いしないようにしましょう。

リンク